2019年度ひらめき☆ときめきサイエンス「成長することば─ことばを学んで、オリジナル絵本・小冊子を作ってみよう!」…

2019年度ひらめき☆ときめきサイエンス「成長することば─ことばを学んで、オリジナル絵本・小冊子を作ってみよう!」 ひらとき・多摩美主催のワークショップを多摩美術大学上野毛キャンパスで、2019年7月27日(土)に実施いたしました♪夏休み中ということで、たくさんの小学生・中学生が受講してくださいました。絵のパートは、アーティストで多摩美術大学大学院修了生の笹目舞さんにお手伝いいただきました。 今回のテーマは、「日頃身近なことばについて科学的、客観的アプローチを使い、絵本を作る」です。ことばは我々の本当に近くにあり、日頃意識して捉えることが少ないと思います。そのことばをあえて意識的に捉えることで、新たなことがたくさん見えてきます。 絵本の文章も対象年齢によっても変わってきます。意識的に捉えてみましょう。例えば、5才程度向けであれば、平仮名、カタカナを多く、基本語彙で、分かち書きをするなどの工夫が必要です。 講義では、受講生は言語学者となって、「ことばの成長」や「ことばの科学的分析方法」について学びました。オリジナル絵本・小冊子を作成する実習では、受講生は作家となって、どのような語彙、表記、文法を用いると良いかなど、講義で学んだ言語学的視点から文章を書き、そしてイラストや切り貼りを取り入れ、「ことば」を美的に表現することに挑戦しました。その後で、参加者の皆さんと完成作品の発表を行い、ことばの科学的体験をしてもらいました。                 自分の作品をもって記念撮影♪    …

続きを読む

成長することばことばを学んで自己紹介絵本を作ってみよう!いよいよ明日♪

ひらめき☆ときめきサイエンス「成長することばーことばを学んで自己紹介絵本を作ってみよう!」2021年3月27日(土)開催ということで、いよいよ明日開催です♪このような状況ですので、初のZOOMオンライン開催です。本来ですと大学キャンパスでの開催なので、キャンパスに来られる方ということで近隣からの参加者が多いのですが、今年度は全国から受講生が集まります。New Normalという新しい取り組みで、今まで気がつかなかったことがプラスとしても見えてきています。今年度の認知言語学会では、言語学の神様といわれるノーム・チョムスキー氏がアメリカからオンラインで講演されました。92才で非常に多忙な方ですので、来日はなかなか叶いません。オンライン開催となった今年度だからこそ、日本の学会での講演が可能となったのですね。「世界のどこからでも色々なことに参加できる」という、いままでなんで気づかなかったんだろうということにに気づくことができました。この取り組みは、Post-covid-19でも続けていけたらと思っています。 受講生の皆さんには作成キットも届いていることと思います!     リボン、ぽんぽん、スタンプ、シール、麻ひも、折り紙、毛糸、フェルトなどなど、描くだけでなく切ったり貼ったり、どんどんイメージを膨らませておいてくださいね♪開催方法:オンライン(ZOOM)開催日時:平成33年3月27日(土) 10:00ー17:00参加費:無料 制作に必要なキット類はお送りいたします講師:高梨美穂(多摩美術大学准教授…

続きを読む

ひらとき・多摩美術大学主催 2021/3/27(土)開催 無料ZOOMイベント 成長することばことばを学んで自己紹…

ひらめき☆ときめきサイエンス「成長することばーことばを学んで自己紹介絵本を作ってみよう!」2021年3月27日(土)開催 申込み受付中♪ 今年度は、小さい頃の自分と今の自分をことばとアートに置き換えて、表現していきます。ことばをどう紡いていくか、それをどのようにアート表現にするか、丁寧にお教えいたします。世界に一冊の自分だけの作品に仕上げていきましょう! 開催方法:オンライン(ZOOM)開催日時:平成33年3月27日(土) 10:00ー17:00参加費:無料 制作に必要なキット類はお送りいたします講師:高梨美穂(多摩美術大学准教授)・笹目舞(アーティスト) ZOOMの使い方がわからないかたには、ZOOMの使い方もお教えします。WIFI環境とスマートフォンやタブレット、パソコンのいずれかがあれば、どこからでも参加可能です。遠くてなかなか多摩美に来られないという皆さん、今回はどこからでもご参加いただけるので、是非是非ご参加をお待ちしております♪多摩美の学生が皆さんをサポートします。大学、研究、制作の雰囲気を体験できますよ。 申込みはこちらからどうぞ↓https://area18.smp.ne.jp/area/card/10251/G6Ia5D/M?S=pdtht0tbq0k… ↓こちらのポスターは、デザイナーで今回の講師である、笹目舞さんに作成していただきました  描いたり、切ったり貼ったり、コラージュしたり、色々なテクニックが身に付けられますよ     詳細はこちらから…

続きを読む

2020ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~「成長することば」

  2019年度に引き続き、2020年度もひらめき☆ときめきサイエンス2020「成長することばーことばを学んで自己紹介絵本を作ってみよう!」を開催します♪ 詳細はこちらから→2020ひらめき☆ときめきサイエンス(講師:高梨美穂) 今年度は、小学5年生〜中学校3年生を対象に、子どものことばと現在のことばを取り上げて、自己紹介絵本を作っていきます。子どもの頃のことばと今使っていることばはどのように違いますか。比べてみたことはありますか。 「ブーブー」とか「マンマ」とか使っていたのではないでしょうか。これらは赤ちゃんがよく使うことばね。オノマトペといって、擬音語、擬態語、擬声語をのことを指します。日本語はオノマトペの種類が多いと言われていますが、小さい子どもは特にオノマトペの使用が多いです。 その他はどんな違いがあるでしょうか。自分のことを名前で呼んでいませんでしたか。例えば、「たくま」という名前の子でしたら、「たーちゃん、こっち いく」と言ったりしますよね。 小学生に入ると、学校では「ぼく、こっちへ行く」というように場面によって自分の呼び名を使い分けるようにもなります。また、2才ぐらいではまだ「へ」のような助詞をまだ正確に使えませんが、小学生になると助詞は問題なく使えるようになります。 使う語彙も変わってきます。「たーちゃん、あっち 行く」から、「わたくしが あちらに 行ってまいります」のように敬語も使えるようになりますし、単語レベルでは「考える」を使わずに「考慮する」とか、「比…

続きを読む

母語だからってそう簡単に使えるようにはならない?

日本では小学校からの英語教育がはじまりました。 皆さんはどのように英語を学びましたか、まだ学んでいる途中でしょうか。英語学習はスムーズに進みましたか、それとも大変でしたか。 大変だった、時間がかかったという方が多いのはないでしょうか。私も未だに習得過程であり、日々辞書や文法書を片手に英語と格闘しています。 日本語母語話者にとって、インド・ヨーロッパ語族に属する英語は習得に時間がかかると言われています。言語間の距離が遠ければ文法や語彙や発音など違いが多く、その違いを覚える必要があるため習得に時間がかかるのです。ですから、英語母語話者にとっても日本語は遠い言語のため、日本語を学ぶのにそれ相当の時間がかかります。仕事柄多くの英語母語話者と接していますが、日本に長く在住していても日本語での会話やメールなどのやり取りが難しく、意思疎通がなかなか取れない方にもよくお目にかかります。 外国語学習のみならず、実は「母語」の習得もそれほど簡単ではないってことご存じでしょうか。 なんだか知らない間に日本語を覚えて使えるようになっていたと感じているかもしれませんが、0才から最低でも義務教育期間の15才までは家庭や保育機関、そして教育機関で、母語を一生懸命学習しているのです。 国語の授業でも文法、語彙、漢字から読解まで学習していますよね。それだからこそ、不自由なく使いこなせるようになるのです。 ここで、イギリスの初等機関で使用しているテキストを少しご覧ください。          Key Stage Tw…

続きを読む

「母語」と「母国語」

「母語」と「母国語」は、どう区別して使っていますか。皆さんの「母語」「母国語」はそれぞれ何でしょうか。 ことばの習得は、赤ちゃんが母親のおなかの中にいるときからはじまっています。生まれてからは、母親や父親などの養育者とコミュニケーションをとることで、少しずつ養育者のことばを理解していきます。こうして身につけていく、人が初めて触れて学んでいくことばのことを「母語」(英語では mother tongue )といいます。子供は、母親のおなかの中で初めてことばに出会い、多かれ少なかれ、生まれた後も母親が中心となり育てられる過程でことばを学んでいきます。「母語」には母から学ぶことばという意味が含まれています。 「母国語」というと、母国で話されていることばと捉えることもできるため、言語学者や言語教育者は、「母語」と「母国語」を使い分けています。例えば、アダーさんは生まれた国と国籍はインドですが、赤ちゃんの時にイギリスへ移り、イギリスで育ちました。母語は英語で、ヒンズー語は日常会話程度話せます。アダーさんの母親はイギリス人で、話すことばは英語です。父親はインド人でヒンズー語を話しますが、英語も流暢です。こういった環境で育ったので、アダーさんは英語が母語となりました。このように、母国語と母語は必ずしも同じとは限りません。 現在でも、一般的には「母国語」が多く使用されていますし、1970年代あたりまでは日本の言語学の世界でも、母語のことを「母国語」ということが多かったため、そちらの言い方になじんでいる方が多い…

続きを読む